HecatonCave(ヘカトンケイブ)初実装タイトル「Idle Explorer」2018年8月28日(火)リリース予定

ブロックチェーン技術を応用したPCオンラインゲームパブリッシャー向けの新サービス「HecatonCave」(ヘカトンケイブ)と、そのサービスを導入したブラウザゲーム「Idle Explorer」を紹介しよう。

「Idle Explorer」はスチームパンクの世界観で繰り広げられる王道のファンタジーゲームである。

ゲームプレイヤーは、あらかじめ画面に表示される「発掘ボタン」を選択し、一定時間経過することで、ゲーム内アイテム「クリスタル」(今までのガチャ石に相当のもの)を無料で入手できる。

クリスタルはガチャではなく、魅力的なキャラクターや装備と交換でき、よりゲームを楽しむことができるようになる。

既存のゲームはクリスタルを使ったのに好きなキャラクターが手に入らないかもしれない、というガチャ要素が強いが、このゲームはガチャ要素とは無縁で、むしろゲーム設計は月額のMMORPGに近い。

そもそも、ヘカトンケイブやブロックチェーンって何?っていう人が多いかもしれない。それでは簡単に説明しよう。

HecatonCave(ヘカトンケイブ)とは、ゲームパブリッシャー(ゲーム販売者)に新しい収益手段を提供する世界初のサービスだ。ゲームパブリッシャーは、今までゲーム収益への貢献度が低かった無課金プレイヤーを、HecatonCaveを利用することでゲーム収益へ貢献するプレイヤーへと役割を大きく変えることを実現する。

HecatonCaveはプレイヤーがプレイしていない時間のゲーム端末リソースを、都度承認を得てブロックチェーンのマイニングに使用する。ゲームプレイヤーはマイニングの対価をゲーム内アイテムなので享受するため、無課金でもゲームをより楽しむことができるようになる。また、ゲームパブリッシャーはマイニング報酬を新たな収益源とすることが可能になる。

ブロックチェーンとは、これまでの取引記録をずらっーと記録したものであり、中央管理者のいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムのこと。つまり、「みんなで使う改ざんできない台帳」。管理者がいない代わりに皆でチェックするので不正がおこりにくいという特徴がある。

以上、本記事はブロックチェーン技術を応用したゲームについて着目してみた。

HecatonCave(ヘカトンケイブ)公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加